土地家屋調査士とは

土地家屋調査士の仕事内容について

土地家屋調査士という仕事の主な特徴

土地家屋調査士の主な役割について

土地家屋調査士と称されているのは、不動産のオーナーに代わって、表示に関する登記の為の手続きを行う、土地に関しての法律のプロフェッショナルです。
表示に関する登記は、場所、あるいは現況、大きさや用途など、法務局において登録済であるそれぞれの不動産に関する情報を指します。
不動産は、こうした登記を行うことで、オーナーは財産という形で権利を保全できます。
登記は、オーナーが登記することが責務になっているのですが、込み入った手続きです。
土地家屋調査士は、オーナーの依頼に則して、手続き代行を承認されている存在です。
土地を区分けするときや一緒にするとき、あるいは建造物を建てたときには必然的に登記が求められます。
しかしながら、土地は物品とは違い、その境界線並びに形は入り組んでいて不明瞭であるケースがあり、境界トラブルが生じ気味です。
土地家屋調査士は、そういったところを明瞭化する為に欠かすことができない測量をおこなって図面化し、登記申請書を作り上げて手続きをおこないます。
独占業務であり、安定的なニーズがある仕事です。

土地家屋調査士が活躍できる場所

土地家屋調査士は、資格取得、あるいは登録において現実に仕事に就いた経験を必要しないため、現実に調査士事務所においての勤務経験値を得る必要はありません。
従って、資格取得者の大半は、独立開業を目指します。
しかしながら、現実には、仕事をした経験がなければ思った通りに仕事は入ってこないことも数多くあって、会社組織や一個人の調査士事務所で就業して経験値を積み、いずれ開業していく場合が多いです。
測量会社は、土地家屋調査士事務所の形で登録している傾向が高く、勤務場所に選出されるひとつです。
これ以外に、土地家屋調査士が有している専門知識は、建設コンサルタント会社でも重用されるでしょう。

土地家屋調査士の主な業務について

土地家屋調査士の業務は、現場に出掛けて測量に関する業務や、法務局に於いての調査業務、加えて図面並びに書類作成といったデスクワークなど広範囲にわたります。
不動産を正しく登記することで、セーフティーな不動産取引につなげ、オーナーの資産を明らかにするという考えのもとに実行する独占業務です。
住宅のためのローンも、こうした登記がなければ設定できないことから、未来においても安定感があるニーズが見込まれます。
将来的に独立開業の希望を持つことができると共に、エリアや地元に根づいて継続できる業務ということもできるため、地域貢献が可能な仕事といえます。
それに加えて、資格試験に不可欠な学習科目が似通っていることや、一部免除になるため、宅地建物取引士、あるいはマンション管理士などの資格とも関連性を持っており、取得しているケースも多いといえます。

人気記事ランキング