土地家屋調査士について

土地家屋調査士になろう!!

土地家屋調査士の業務内容と働き甲斐

責任の重い重要な役割を果たしています

土地家屋調査士の立場での仕事のやり甲斐は何と言っても公共性が非常に高いことでしょう。
登記制度に関しては国内の不動産取引を問題なく行うために必要不可欠なシステムです。
土地家屋調査士はそうした登記制度のベースとなる表題部を編綴するための業務を果しています。
不動産の表示に関する登記の申請が法務局へと出され、完了されると税務担当部署へと送られ課税徴収の為の資料となります。
それ故ミスは許されませんし、ハイレベルな法的知識と測量技術が必要です。
その分だけ、やる意義のある業務内容ともいえます。

経済環境に影響を受けにくい仕事です

土地家屋調査士は資格の中にあっても相対的に経済環境に影響を受けにくいという側面を持っています。
あらためていうまでもなく、扱う業務そのものが不動産の表示の申請業務並びに調査測量というようなとても狭い範囲ですが、業務の公共性から業務の依頼が経済環境に関わりにくいからです。
不動産バブルの時に比べると確定測量という、土地に関しての境界線を決める業務は、たしかに減っています。
しかしながら、不動産の物理的変更が起こると申請義務が所有者にあることから、官有地、或いは民間地所有者サイドからの業務依頼はコンスタンスに生じます。


土地家屋調査士は依頼人などから先生と言われることがよくあります。
国内では政治家、あるいは教授、研究者、それから士業が先生と呼ばれています。
ハイレベルなスキルを長期にわたる修行から手に入れた匠的な技の持ち主である人々も先生と呼ばれています。
土地家屋調査士に関しては士業であるのみならず匠的な面もありまして先生と言われるにふさわしい仕事と言えます。

土地家屋調査士の仕事は高いレベルが要求されます

土地家屋調査士は 家を建てる際に入用になる登記についての独占業務というアドバンテージがあります。
加えて土地利用実態を登記する為の公共の業務も多くあります。
境界トラブルも多く、需要もこの先続くと期待されています。
しかし、国内の人口や公共工事数が少なくなっているのも否定できない事実といえますし、仕事の量もその影響を受けて減少に向かうとの考えもあります。
そういうことから宅建や行政書士といった資格を合わせ獲得する事例も増えています。
土地家屋調査士の業務の流れにあるので、こうした資格と兼務しているケースが非常に多くみられます。
そして、土地家屋調査士は、法律に関する高レベルの知識習得など、絶えず責任感のある意識を持って仕事をしていかなくてはいけません。

人気記事ランキング