土地家屋調査士の資格を取ろう

フィールドワークとデスクワークのバランスがよい仕事

土地家屋調査士資格を取得して働くメリット

資格の概要について

土地家屋調査士とは、測量及び登記を実施する不動産系統の国家資格になります。
土地については所在並びに用途それから、境界などを明白にさせて登記を実施することが求められますが、一般人が取り組むには手続きそのものが煩雑で非常に難しいものになります。
土地家屋調査士は、そうした手続きの全てを行うことが可能な資格になります。


土地家屋調査士に関しては土地についての法律の専門家になります。
登記でしたら司法書士の領分になりますが、司法書士ができることは権利関係になります。
土地の外観や現実の姿といった物理的部分の表示に関する登記に関しては、この資格だけしか実施できない独占業務になります。
その結果ニーズは安定的といえ、収入額も相対的に高いといえます。
一般的なサラリーマンの収入額は400万円なのですが、土地家屋調査士の年収額の平均的な額は400から600万と言われておりオーソドックスなサラリーマンをオーバーしています。
また、異なる資格を手に入れて、土地家屋調査士が対処できない部分も取り扱うことができるようになれば、より一層の高い月収も実現可能です。
実際のところ、日本土地家屋調査士会連合会にエントリーしている人の大半が独立開業しています。

バランスのとれた仕事内容が評価されています

土地家屋調査士は要請された案件の現場調査それから、測量そして、書類作成や申請がメインの職務内容になります。
外出先で継続して測量をするというわけでもなく、部屋の中でデスクワークのみを継続するというわけでもありません。
フィールドワーク及びデスクワークのバランス状態がしっかりと取れている業務ですから、ストレスは減ります。
こうした仕事は限られるので、気持ちを切り替えをはかりやすいところもアピールポイントといえるでしょう。


土地家屋調査士は法務局が管轄している地域が限られていることから、遠くへの出張などを要しない業務の内容になります。
原則として独立するか、会社組織や土地家屋調査士法人など資格が求められるところに入職して働きます。
全国的に拡張するようなスケールの大きい企業でない限り、転勤、あるいは異動は数少ないです。
暮らしている地域から遠くに行くことが無いことから、プライベート時間を取りやすいのもアドバンテージです。
土地家屋調査士は、独占業務の国家資格のため、社会責任も非常に大きく、信頼も厚い資格です。
更に、収入額も高くプライベート時間も取りやすいことから、自分らしく仕事ができる資格といえます。

人気記事ランキング