土地家屋調査士のメリット

土地の境界に関するトラブルを解決するには

土地家屋調査士の仕事の働き甲斐

形として残すことができる仕事です

土地家屋調査士の業務の最も大きな遣り甲斐は形にとどまる仕事にかかわれる事といえます。
土地も建物も、土地家屋調査士により測量された物が登記申請され、法務局に残ることになります。
以上のように後世に亘り自分自身の仕事そのものが残ることは一番の醍醐味となります。
とりわけ、登記申請をするときには、記名及び捺印をしますが、そのようなときに自分自身が施した申請が後世に亘り登記内容として残ると考えると、感慨深いといえるでしょう。

境界に関する問題をクリアして感謝を受けます

土地家屋調査士に関しては筆界特定制度という名の、境界争いをクリアするメソッドの代理に関する業務が認められています。
こちらの業務は、とてもシビアな面を持っていて、一連の流れを間違えれば紛争を拡大しかねません。
ですから、その分だけ、取りこぼしなく解消されたときには喜びもひとしおといえます。
とりわけ、境界争いの状態で付き合いを中断していた関係性の方同士が、筆界特定制度を活用することによっていずれも容認して解決したことによって、関係性の改善の出発点になった場合には、業務の満足を越えた働き甲斐がもたらされます。

表題登記という重要な登記に関係することができます

土地家屋調査士の登記は、いわゆる表題登記になりますが、これに関しては不動産の状況、つまり何処にどの位のものがあるかをあらわすものになります。
家を建てたり買い入れたりする場合には、住宅のためのローンを借り入れることが多いですが、こうした表題登記がなければ住宅のためのローンを借りることが不可能です。
正しく言うと、表題登記がないものは、住宅のためのローンの担保の形での権利つまり抵当権を登記することの不可能です。
ですから、それだけ土地家屋調査士の仕事は重要ということができます。
表題登記が無いものには、該当の不動産が自分の所有物だということをあらわす登記、つまり所有権登記をすることはできません。
所有権登記がないケースでは、不動産を横取りされてしまい、その場合の横取りした人が前もって表題登記及び所有権の登記を実行してしまうと、横取りが正当づけされてしまいます。
そうなってしまうと、根の深いトラブルに巻き込まれてしまいます。
そんなことが起きないようにするために、まず第一に欠かすことができない表題登記を実施することが、重要になります。
そしてその登記を申請するのが土地家屋調査士になります。
要するに、不動産なる財産を、間接的に表題登記によりまして守っていることになります。

人気記事ランキング